HOME 御挨拶 新着情報 採用情報

新着情報

インフルエンザの流行につき

NEWS 2018年 01月 11日

新年を迎え松が取れた頃から、インフルエンザに罹患した方が多くなってきました。
そこで、インフルエンザにかからないようする有効な方法をここに挙げていきます

1)流行前のワクチン接種

  インフルエンザワクチンは、感染後に発症する可能性を低減させる効果と、発症した場合の重症化防止に有効とされています。
  ⇒現在、未接種の方はお早めに打つことをおすすめします(当院にてワクチンはいつでも接種できます)

2)飛沫感染対策としての咳エチケット

  インフルエンザの主な感染経路は咳やくしゃみの際に口から発生される小さな水滴(飛沫)による感染です。
  この飛沫を浴びないようにすれば、インフルエンザに感染する機会は減少します。

       その対策としては・・・・・

  ◆普段から、皆が咳エチケットを心がけ、咳やくしゃみを他の人に向けて発しないこと
  ◆咳やくしゃみが出るときはできるだけマスクをすること
   とっさの際にマスクがない場合は、ティッシュや腕の内側などで口と鼻を覆い、顔を他の人に向けないこと
  ◆鼻汁・痰などを含んだティッシュはすぐにゴミ箱に捨て、手のひらで咳やくしゃみを受け止めたときは
   直ちに手を洗うこと

3)外出後の手洗い等

  流水・石鹸による手洗いは手指など体についたインフルエンザウイルスを物理的に除去するために有効な方法であり、
  インフルエンザウイルスに限らず接触や飛沫などを経路とする感染対策の基本です。
  また、アルコール製剤による手指衛生も効果があります。

4)適度な湿度の保持

  空気が乾燥すると、気道粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。
  特にエアコンが効いた室内では加湿器などを使って適切な湿度(50~60%)を保ちましょう。

5)十分な休養とバランスのとれた栄養摂取

  体の抵抗力を高めるために、十分な休養とバランスのとれた栄養摂取を日頃から心がけましょう。
  これは全ての感染症にかかりにくくするために、最も重要なことです。

 

◇◇◇体調不良のときは無理をせず休息をとりましょう。症状が悪化するようなら早めの受診をおすすめします◇◇◇

LINK
一般財団法人 公衆保健協会
愛知県医師会
名古屋市医師会
NPO法人 健康情報処理センターあいち
ドクターズ・ファイル
ドクターズ・ファイル
Copyright © 2016 細川外科クリニック All Rights Reserved.
TOP