HOME 御挨拶 新着情報 採用情報

新着情報

からだを冷やさないひと工夫を!!

NEWS 2019年 12月 20日

からだの冷えが引き起こす様々な症状として・・
  ・くびや肩のこり、腰痛、頭痛、倦怠感、肥満などの身体症状
  ・やる気の低下、抑うつ、イライラ、不眠などの精神症状

  そして、肌のくすみやかさつき、鮫肌、たるみなどの美容面や
  免疫力にも影響する可能性があります。

 

  冷えを起こす原因として・・・
    一年中食べられる夏野菜や体を冷やす南国の果物の摂取。
    シャワーの利用により湯船で温まらない生活。
    朝食を抜いたり、夜ふかしをするなど生活のリズムの乱れなど。
    また加齢も一因のひとつです。
     *漢方医学では30歳前後を境にして、からだの新陳代謝が活発に行われている
      「陽」から、代謝が低下して寒さに弱くなる「陰」の状態に向かうと言われています。

 

 体を温める食材⇒生姜、山椒、にんにく、ねぎ、ニラ。シソ、かぼちゃ、あんず、くるみ、シナモン、唐辛子 など

 体を冷やす食材⇒レタス、トマト、セロリ、きゅうり、せり、ナス、バナナ、パパイア、マンゴー、スイカ、メロン など

     上記の食材を体調や気温にあわせて、上手に摂り込み、冷えから体を守りましょう!!

 

     入浴方法も冷え対策の一つとなります
      湯船で十分に体を温めてから、ぬるいお湯や水を手足に5~10秒かけ、
      再び湯船に60秒ほど浸かるのを数回繰り返す。
      最後にまた手足にぬるいお湯や水をかけて終える。
      ⇒ これは自立神経の働きを鍛えることができ、冷えにくいからだを作ります。 

                                ー日本医師会「健康プラザ」より抜粋ー 

 

  

 


   

LINK
細川外科クリニックONLINE(オンライン)
一般財団法人 公衆保健協会
愛知県医師会
名古屋市医師会
NPO法人 健康情報処理センターあいち
ドクターズ・ファイル
Copyright © 2016 細川外科クリニック All Rights Reserved.
TOP